© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年09月22日14:00

「エアコンのドライのような心地よい風が吹いてきた」――キングオブコント2013 ファイナリストインタビュー~ジグザグジギー 編

▲ジグザグジギー/左から宮澤聡、池田勝


コント日本一を決める戦い『キングオブコント2013』。
毎年秋に決勝が行われ、今年も9/23(月祝)に生放送でキングが決定します。
今年のファイナリストはうしろシティ、鬼ヶ島、かもめんたる、天竺鼠、アルコ&ピース、TKO、ジグザグジギー、さらば青春の光の8組。
テレビでおなじみのコンビから2年連続出場、初登場の新星とバラエティ豊かな顔ぶれとなりました。

そこでweb★1では昨年に引き続き、全組にがっちりインタビューを敢行。9/23の決勝当日まで、ファイナリスト8組のインタビューを掲載していきます。
決勝の前に、ぜひ予習代わりにお楽しみください。

今回は初の決勝進出となったジグザグジギー。
昨年も決勝進出するだろうとの下馬評が高かった2人が、満を持してのファイナリスト入り。現在の自らの状況を「ちょうどいい風が吹いている」と評する彼らが決勝に進むために考えたことや、これからについてを聞きました。



  



 2回戦ですごくウケたことが、逆にプレッシャーに





―― ジグザグジギーさんは昨年も決勝進出するだろうと言われていたものの、残念ながら準決勝敗退で。今年に向けてご自身たちの中で変えたことってありますか?

池田 特に変えたことはないんです。あ、でも単独ライブをやめましたね、逆に。結構みなさんされてると思うんですけど。去年単独を3月末と、その後8月のキングオブコント直前にやって、結構調子を崩しちゃったんですよ。

宮澤 8月の単独終わった翌日が、落ちた2回戦で(昨年は追加合格で2回戦を突破)。多分疲れとか気が抜けてたところもあって、落ちてしまったんで。ネタ作りにしても、一気に10本作ったりするのが実はあまり得意でもないので、量産するよりは毎月やっている事務所(所属のマセキ芸能社)のライブで新ネタをじっくり作っていく方向に今年はしようと1月に決めて。結果的には良かったなという感じですね。

池田 それぐらいですかね、変えたのは。ネタ作りに関しては変えてないです。方向性とかも。

――量産型の方と、コンスタントに新ネタを作る方が向いている方がいるんですね。例年各ファイナリストにお話を聞くと、決勝に進むために「方向性を変えた」組と「自分たちの強いところを強めた」組がおられます。お2人は何が強くなっての決勝進出でしょうか?
池田 ネタ自体は、準決勝でやったネタは1年半くらい前のネタなんですよ。だから、キングオブコントの決勝に行けたとはいえ、この1年では何も変わってなくて。

宮澤 いい風が吹いてたんでしょうね。

池田 お客さんのおかげです。ちょうどいい感じの風が……強風でもなく心地いい風が吹いていたんでしょうね。冷房で言うドライみたいな。だから(ネタを)やってても楽しかったです。

宮澤 賞レースにかけるネタをお客さんの前でやってこなかったというのは、去年とちょっと違うところかもしれません。去年は調整のためにライブでも結構やってたんですけど、準決勝でダメだった時に、今回(2013年)準決勝でやったネタを「来年もしかしたらこれを準決勝にかけるかもしれない」と思ったんで、5月に発売したDVDにも収録しなかったし、公式のYouTubeも全部削除してもらったりしました。そのあたりの作戦は立ててやってきましたね。

池田 難しいですよね。ネタバレしすぎると、お客さんは面白いと思ってくれても笑い声にはならないですし。



―― 2回戦、ものすごくウケてましたね。

宮澤 ありがたいことに。僕は普段はウケても、人から聞かれたら謙虚に「まぁまぁ」とか言うんですけど、あの日は予選のあとに先輩の誕生日会で「ウケました!」と堂々と言いましたね。

池田 逆に失礼になるもんね、実際めちゃくちゃウケたんだから。僕は逆にびっくりしちゃって。そんなウケたことなかったんです、あのネタで。だからびっくりしたと同時に後悔もしてて。「あー、こっちを準決勝にもっていけばよかったな」と。2本は決まっていて、どちらを2回戦でやるか直前まで迷ってたんです。いざふたをあけたらめちゃくちゃウケたんで、(順番を)失敗したかなと。それをお客さんにもマネージャーにも全員に言われたので、準決勝ではそのプレッシャーもありましたね。



  



 「『面白くなってきたな』と思いました」



―― 決勝進出発表でジグザグジギーさんの名前が呼ばれたとき、声援がすごかったですね。

池田 僕らもびっくりしました(笑)。8組中あんなにギャー!ってなったの僕らくらいだったじゃないですか。そこまで人気出たんだ!と思ってうれしかったんですけど、その後のトークライブの客入り、(某劇場の)1割くらいでした。だからあの時は多分2~3人のお客さんが大声を出してたんじゃないかと。

宮澤 実はその少し前にあるバトル形式のライブがあって。その罰ゲームがエンディング後に二人だけ残って即興トークライブをするというもので。いきなり言われたから話題もなくて困ってたら、急に池田が「今回のキングオブコントの決勝に行けなかったら、オレはお笑いをやめようと思ってるんだ」って言ったんですよ。お客さんも「えぇぇぇ……辞めないでよー」みたいな感じになったんですけど、「オレはそのくらい覚悟決まってんだ」と言い切って。で、その後だったので、その大声をあげたお客さんは「よかった、これでジグザグジギー解散しなくてすむ!」の大声だったんじゃないかなと思います。

―― 「いい風が吹いていた」とのことですが、自分たちに風が吹いて来ていると思い始めたのはいつ頃ですか?

宮澤 去年の1月に「ABCお笑いグランプリ」で決勝に進出して、吉本さんをはじめいろいろいろな芸人さんに認知され出して、特に吉本さんからのオファーが増えたんですよ。そこから色々仕事が増えてきた感覚がありますね。

池田 吉本さんなどのライブに出させてもらうようになってから、僕らのことを見てくれる人が増えて、認知度が上がった気はします。



―― 決勝進出が決まったとき、どんな気持ちでしたか?

池田 お互い安堵だと思います。「良かったー!」が強かったです。

宮澤 俺は……この発言はおかしいかもしれないけど「面白くなったなぁ」と思いました。うれしいとかホッとしたももちろんありましたけど、初の決勝行き、マセキ(芸能社)からも初のファイナリスト……と、客観的に見て僕らが決勝に行ったことで「面白いことになったなぁ」って。錚々たるメンツの中にジグザグジギー入ってて面白いな!みたいな。

池田 それもいい風が吹いてるんだと思います。初登場ってそれはそれで強みだから。面白ければインパクトありますからね。

―― ネタ順は8組中7番目になりました。

池田 よかったです、7番目で。

宮澤 トップバッターじゃなきゃいいなくらいの気持ちだったんで、7番目っていうのはいい数字だなと思いましたね。

池田 僕らは初出場なので、その場の空気にある程度慣れておかないとふわふわしちゃいそうだなと思ってたので。

―― 決勝進出が決まってから、周りの人から何か反響はありましたか?

池田 知らないアドレスからたくさんメールきました。僕が登録してないだけかもしれないですけど。

宮澤 僕、喫茶店でバイトしていて、常連のお客さんは僕が芸人だってこと知ってるんですけど、決勝が決まったあと『こっちからは何も言わないでおこう』と思ってたんですね。で、いざバイトに行ってみたら誰1人決勝進出に触れませんでした……。バイト先の人もめちゃくちゃ応援してくれてるんですけど、その人たちからも一切おめでとうはなかったです……。あとは当日のオンエアに期待ですね。



―― まだ気づかれてないんですかね……。オンエアの日に雨が降ると視聴率上がる傾向があるっていいますよ。

池田 よし、最終調整は雨乞いにしよう!

―― 最後に、初の決勝進出を経て、今後どんな活動をしていきたいですか?

池田 いろいろな番組に呼ばれたいです。ライブのお客さんが増えてほしいというのももちろんありますけど、単独を定期的にやっているわけでもないので……。やっぱりテレビですね。今年ようやく親に芸人やってることを言えたんで、親を喜ばせたいですね。

宮澤 ちょうどいい仕事量でやっていきたいですね。いきなり変わるとびっくりしちゃうから。もちろんバラエティにも出たいけど、例えばドラマのちょい役とかもやってみたい。ちょっと出て来て一言みたいな。

池田 それエキストラだよ!(笑)

宮澤 あと僕はプロレスが趣味なんで、プロレスに関する仕事がしてみたいです。バラエティに限らず多方面な仕事をしてみたい。重要なのは「ちょうどいい仕事量」。

池田 そうだね。僕ら多分準備運動なしで全力疾走したら肉離れおこしちゃうので(笑)。

▲「ジグザグジギーにとってキングオブコントとは?」――キングオブコントをきっかけに仕事の幅が広がることを期待!



●ジグザグジギー
左から宮澤聡、池田勝。お笑い養成所の同期生で2008年にコンビ結成。現在、10月に決勝が行われる本年度の「NHK新人演芸大賞」も決勝に進出している。DVD「2008-2012 BEST」が好評発売中。

一番下の写真で持っている「キングオブコントとは?」をしたためた色紙(サイン入り)を1名にプレゼントします。
応募はこちらの応募ページから。
※締切は2013年10月10日23:59です。


『キングオブコント2013』は、9月23日(月祝)19:00~22:48 TBS系列にてOA!
※19:00~は事前番組。一部地域は20:00~放送

<構成・文/松田優子>




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。