© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年09月20日22:00

「結果を出さないと来ちゃうから!」――キングオブコント2013 ファイナリストインタビュー~鬼ヶ島 編

▲鬼ヶ島/左から和田貴志、アイアム野田、おおかわら


コント日本一を決める戦い『キングオブコント2013』。
毎年秋に決勝が行われ、今年も9/23(月祝)に生放送でキングが決定します。
今年のファイナリストはうしろシティ、鬼ヶ島、かもめんたる、天竺鼠、アルコ&ピース、TKO、ジグザグジギー、さらば青春の光の8組。
テレビでおなじみのコンビから2年連続出場、初登場の新星とバラエティ豊かな顔ぶれとなりました。
そこでweb★1では昨年に引き続き、全組にがっちりインタビューを敢行。9/23の決勝当日まで、ファイナリスト8組のインタビューを掲載していきます。
決勝の前に、ぜひ予習代わりにお楽しみください。

今回は2年ぶりの決勝進出となった鬼ヶ島(一昨年のファイナリストインタビューはこちら)
決勝進出を逃した昨年から今年にかけて、返り咲くために何を変えて何を変えなかったのか。動きと思いを聞いてきました。



  



 変えない勇気を持とうと思った



―― 今年はライブを精力的にやってこられましたね。

おおかわら はい、『キングオブ鬼ヶ島』というライブを。キングオブコントに特化してやってきた甲斐がありましたね。

―― でも結局鬼ヶ島さんは『キングオブ鬼ヶ島』で優勝できなかったんですよね?(笑)

おおかわら そうなんですよ。最後はダブルブッキングの黒田さんがグランドチャンピオン大会で優勝して、『キングオブ鬼ヶ島』の座に。

野田 鬼ヶ島がキングになれないって、もう何が選考基準かわからないよね。

和田 ジューシーズも一度優勝してますから。

おおかわら 『キングオブ鬼ヶ島』は逃したけど、キングオブコントのファイナリストになれたからチャラ、ぐらいですね(笑)。



―― そろそろ真面目に伺いますが、ファイナリストに返り咲くためのライブだったわけですよね?

おおかわら はい、真面目に(笑)。もちろんそうです。毎月新ネタ2本ずつ下ろしました。2回戦と準決勝にかけた2本は今年そのライブでできたネタです。

―― 一昨年決勝に進出して、去年はダメだった。今年は決勝に出るために変えた面はありますか?

おおかわら 去年のファイナリストの方々を見て、やはり笑いの量というか手数が多いなと思ったんです。野田と二人でネタ作りをしてる時にそんな話になったんですが、そこは変えない勇気を持とうと。自分たちの出来ることで、何とか勝ち取ろうって。そういった話は一回しましたね。

―― 和田さんのいないところで?

和田  そうですね。

おおかわら あんまりね、和田の前で話す話でもないし。

野田 僕らいつもファミレスでネタ作りをするんですが、和田が一回やる気になって、ファミレスに来て「オレもやる!」みたいになったんです。でもなぜかバランスがおかしくなって……。僕らが引いちゃったんですよね。

和田 そう! で、ウソついて断られたんですよ!

野田 来た時に圧がすごかったんで「アツいなー」と思って。それでおおかわらと二人で「どうする? また和田来ちゃうよ」みたいな。

おおかわら 野田に「お前が(来るなって)言えよ」って。

野田 「いや言えねえよ」みたいになって。もうここはリアルに言ったらただ本当にイヤな奴になるんで、ライブのMCとかで「いや、あれ気まずいんだよね」みたいな冗談の感じで言いました。

和田 いや違う! 野田から電話来ましたよ!「お前が来ると楽しくおしゃべりしてネタ作りできないから」って。じゃあわかった、と行くのを止めたんですが、おおかわらに聞いたらそんなこと言ってないって……。

おおかわら 楽しくなかったんです(笑)。

野田 オレは和田が上手く気持ちよく来れなくなるのがいいかな、と思ったんで。

和田 うまく立ち回ろうとして失敗したわけでしょ?

―― 傷つけないようにウソをついたものの、口裏合わせるのを忘れたと(笑)。

野田 忘れた忘れた! でも結局来なかったんで結果オーライです。

―― では和田さんがネタ作りに参加したのは1回だけ?

野田 いえ、何回か。

おおかわら やる気は買ったんですよ。がんばろうとしてんだな、とか。



―― 今年は和田さんがやる気だったと。

おおかわら やる気が一瞬だけでてすぐいなくなった。

和田 だから今やる気ゼロです。

おおかわら それが去年との違いですよね。去年は一回もネタ作りに参加しなかったのが、今年は1週間だけやる気を出した!

野田 和田がまたネタ合わせに来ると困るから、文句が出ないようなネタ作りをしようというのがありましたね。

おおかわら それがモチベーションになりましたね。「結果出さないと和田来ちゃうから!」って(笑)。

和田 確かにそれ以来、ネタが面白くなりましたもん。

おおかわら 和田のプレッシャーが良かったんですね。

和田 僕、ネタ作りに行く前にMacBookAirを買ったんですよ。台本を書く為に。でも一回も使わずに終わりました。

おおかわら あれ今何に使ってるの?

和田 やらしいの見るためだけに使ってる。あと競馬情報。

おおかわら 高い買い物だったな(笑)。

―― では、和田さんのやる気のおかげで鬼ヶ島のネタがパワーアップしたと。

おおかわら 本当にいいネタ、和田が認めてくれるようなネタを作らないとヤツが来るぞ…!っていう気持ちがガソリンとなり、エネルギーになりましたね。

  




 「何でオレこいつとコントやってるんだろう」




―― 少し前に戻りますが、昨年のファイナリストを見てネタを変えようとするのではなく、強化したという感じ?

おおかわら そうですね。僕らは変えようと思って変えられるほど器用じゃないので。

―― 2回戦、準決勝と観ていて、今年の傾向として熱いネタが多いように感じました。

おおかわら 何となく(傾向は)ありますよね、M-1とかでも「今年はポップでストレートなネタが多いな」とか「ちょっと崩したネタが多いな」とか。今年はそれがうまくハマったのかもしれないですね。

野田 大声を出すことにかけては、僕に敵う者はいないんじゃないですかね。

おおかわら 逆に和田は声が小さいですけどね。

和田 いや僕セリフがないです。声がちっちゃいとか以前に(笑)。



―― 準決勝が終わっての手応えは?

おおかわら 手応えはありましたね。

―― 2回戦はすごくウケたのがうれしくて、おおかわらさんがなかなか楽屋から帰らなかったという噂を聞きました(笑)。

おおかわら ずっとウケたことを皆に自慢してました。

和田 そういうことしてると嫌われるぞ(笑)。

おおかわら 興奮しちゃったんです。今年も頑張ろうってスイッチが入って。

―― 今年のネタの出来はいかがですか?

おおかわら 去年が全然できなかったんですよ。今年はわりと、とんとーんと出来た。芸人あるあるなんですけど、ネタ作りって運だと思いますね。

和田 オレは「大丈夫かなー?」と思ってました。

おおかわら だからネタが出来た時点で結構手応えはありましたね。これでいこう!っていう。まぁ地獄のようにつまんねぇネタも何個かできましたけどね……。

野田 ネタを作って客前に出さないといけないから、怖いですよ毎回。ダメだったときのダメージもハンパないし。でもそうやっていかないとネタができないですからね。

―― ネタに自信があったから、ちゃんとやれば決勝にいける自信があった?

野田 いや~わかんないですよ。だって僕は…ちょっと無理かなと思ってたんです。なぜなら、キングオブコントはテレビだから。そう思うと……ってずーっと考えてて。お客さんのウケは良かったんですけど、テレビ的じゃないとかそういうのでNGなのかもしれないみたいな。だから調子に乗らずにいようと。

おおかわら この前準決勝のVTRを見たんですけど、野田が超気持ち悪くて。

和田 早送りで見たのに「気持ち悪いな」って(笑)。

おおかわら 早送りしても「あqwせdfrtgyh~~!」と』絶叫してて、「何でオレこいつとコントやってるんだろう」って思いましたもん。



―― でもその気持ち悪い絶叫を抱えて決勝に臨むわけですよ。

野田 合格したってことはやっていいってことだもんね。TBSさんチャレンジャーだな!

おおかわら でも僕らのネタ、内容的には超クリーンですからね(笑)。

―― いよいよもうすぐ本番です。今年は2番手での登場です。

おおかわら そうですね。でも僕、キングオブコントは順番関係ないと思うんですよね。一組ずつVTRが入ったり、ダウンタウンさんとの絡みがあったりするから。僕は前半の方が良かったんですよ。なぜなら、前回7番目で楽屋でモニター見てるときの緊張感が長過ぎて……。だから前半でぱっとやって次の2本目に備える方が精神衛生上いいかなって。

―― では、最後に意気込みを。

おおかわら 一昨年はファイナリストになった時点で燃え尽きちゃった感があったんですよ。でも今年は……戦略とかはないけど、やれそうだなって思ってます。

野田 オレのアップの画はイイですよ~。

▲「鬼ヶ島にとってキングオブコントとは?」――夢…そして希望だそうです。。。


●鬼ヶ島
右からアイアム野田、おおかわら、和田貴志。それぞれ別のコンビを組んでいた3人で、2007年に現メンバーのトリオに。キングオブコント2011決勝進出。DVD「鬼ヶ島 地獄への通学路」が発売中。

一番下の写真で持っている「キングオブコントとは?」をしたためた色紙(サイン入り)を1名にプレゼントします。
応募はこちらの応募ページから。
※締切は2013年10月10日23:59です。


『キングオブコント2013』は、9月23日(月祝)19:00~22:48 TBS系列にてOA!
※19:00~は事前番組。一部地域は20:00~放送

<構成・文/松田優子>




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。