© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年09月20日16:00

「やっと芸人と名乗れるようになれた1年」――キングオブコント2013 ファイナリストインタビュー~うしろシティ 編

▲うしろシティ/左から金子学、阿諏訪泰義


コント日本一を決める戦い『キングオブコント2013』。
毎年秋に決勝が行われ、今年も9/23(月祝)に生放送でキングが決定します。
今年のファイナリストはうしろシティ、鬼ヶ島、かもめんたる、天竺鼠、アルコ&ピース、TKO、ジグザグジギー、さらば青春の光の8組。
テレビでおなじみのコンビから2年連続出場、初登場の新星とバラエティ豊かな顔ぶれとなりました。

そこでweb★1では昨年に引き続き、全組にがっちりインタビューを敢行。9/23の決勝当日まで、ファイナリスト8組のインタビューを掲載していきます。
決勝の前に、ぜひ予習代わりにお楽しみください。

1組目は決勝当日、トップで登場するうしろシティ。
2年連続の決勝進出を果たした彼ら(昨年のファイナリストインタビューはこちら)は、昨年の決勝を機に知名度も上昇。テレビのレギュラー番組出演など、大きく環境が変わった中で迎えた今年のキングオブコントへの思いを聞きました。




  



 “お笑い全般”の仕事ができるようになった





―― 2年連続の決勝進出ですね。準決勝を終えての気持ちはどんな感じでしたか?

阿諏訪 準決勝でめっちゃウケたコンビって、控室に帰ると周りの芸人に「いやーウケてたね~」みたいなことを言われるんですね。でも僕ら、(決勝進出した)去年もそんなに言われなくて……。

金子 え?言われたよ!

阿諏訪 あれ? (言われなかったのは)オレだからかな? 少しは言われましたけど、「わぁ~!」っていうのではなくて。今年も同じような感じだったので、「行けるかな~。どうなのかな~」という去年と変わらない気持ちでしたね。

金子 準決勝はみんなウケるので、正直不安ではありましたね。

―― 準決勝を終えての手ごたえやネタの出来としては?

阿諏訪 出来はよかったと思います。

金子 はい。でも、自分たちのベストを出しても決勝に上がれないこともあるから難しいですよね。

―― 去年の決勝進出を機に、テレビのレギュラー番組がいくつも決まったり、仕事の量も格段に増えて、それまでとはかなり環境が変わりましたよね。昨年の決勝からこれまでの1年は、どんな1年でしたか?

阿諏訪 やっと芸人と名乗れるようになれた1年だった気がします。それまでは仕事はほぼライブ、たまにオーディションの毎日で。それがほんとちょっとずつですが、テレビ局というものに行くようになったりとか。

金子 すごく勉強になった1年でした。僕、元々が友達に誘われて芸人を始めて、ネタなんて書いたことないのに書くようになったり。そういう節目節目で勉強してきたんですけど、やっぱりテレビの勉強はテレビでしかできない部分があって。ネタ以外のこともいろいろ考えた1年でした。

―― 去年の決勝が、テレビに出る機会が増えたり仕事の幅が広がるきっかけだったと。

阿諏訪 そうですね、きっかけ。

金子 結果的にはそうなったんですね。

阿諏訪 去年、決勝に出たときはそんなこと思いもよらなかったですけど。



―― 日々は変わりましたか?

金子 それまでのようにとにかくネタをいっぱい作ればいいという状況ではなくなりましたね。忙しい分、締め切りがあって急にネタを作らなきゃいけなかったりとかで大変は大変でしたけど、やっと“お笑い全般”の仕事ができるようになったというか。

阿諏訪 そう、ホントそうだね。

金子 だから楽しかったです。仲良くしてくれてる先輩たちに「こういう時はどうしてましたか?」と聞いたりしてやってきました。

―― 以前よりは忙しくなった中でも、ペースをほぼ落とさずに半年に1回、今年1月と7月に単独ライブを打ちました。2回戦、準決勝ともに単独ライブで作ったネタで。ネタ作りはしんどくなかったですか?

金子 正直、1月の単独はちょっとしんどかったですね。慣れない仕事のペースの中だったので。本当は実際はあんまり関係ないんですけどね、テレビの仕事がどうとかって。でも、なんだか忙しい感じになっちゃって。

―― スケジュールというより、気持ちの面で?

金子 そうですね、いっぱいいっぱいになっちゃって。確かに大変は大変でしたけど。

―― 単独の他にも新ネタを毎月数本おろすライブを昨年末から始めましたよね。それでも単独ライブをやり続け、新ネタを作り続けたのはネタが基本という思いで?

阿諏訪 単純に僕は、単独ライブというものが大好きで、芸人を目指したころからの憧れなので。

金子 サボろうと思えばいくらでもサボれちゃうんで。だから(サボらないように)月イチのライブとかも始めたし。サボりたくないから。

―― サボりたくはない?

金子 そうですね。やっていたいので。締切がないと2人ともサボっちゃうんですよ。それに言うほどそんなに忙しいわけではないですからね。

阿諏訪 そう。これは本当に。

―― スタンスとして、テレビの仕事が増えるとそちらに重きを置く芸人さんもいますよね。どちらが良し悪しではなく。

金子 ネタをやるのがつまらなかったらやらなくなるかもしれないですけど。ネタも楽しいし、テレビの仕事も楽しいし、他の仕事もみんな楽しいので。

  



 去年の「はじまったー!」という感じをシミュレーションしてます





―― ファイナリスト発表会見の際、1番最初に名前を呼ばれて登壇。MCのあべこうじさんにも言われてましたが、終始「きょとん」顔でしたよね。あれは「呼ばれる(=決勝へ行ける)」と思ってなかったの驚き?

阿諏訪 いえ、そういうわけではなくて、単純に「(呼ばれるの)早っ!」ていう。

金子 気持ちが(まだそのモードに)入ってなかったです。

阿諏訪 一組ずつ呼ばれていく、イヤ~な間があるじゃないですか。「あぁ今年も“あの間”が始まるんだなー」と思ってたくらいの時に呼ばれたので。

金子 なんかあっけなく呼ばれた感じがして。去年は「あと○組!(枠は)あと○組しかない!」と、その間にいろいろ思ってた気がするので、そういうのが何もなく「はっ!」って。

阿諏訪 その“きょとん”ですね。



―― 壇上でその表情をあべこうじさんにつっこまれての第一声が、「ほかにおもしろい人がいっぱいいたから」だったので、呼ばれたことへの驚きだと思ってました。

阿諏訪 いや、その驚きではなく1番に呼ばれての驚きですね。

―― 発表で1番に呼ばれて、ネタ順も抽選で1番手になりました。賞レースでは1番は避けたいという芸人さんも多いですが、いまどんな気持ち?

金子 それはできることなら1番よりは他の番号のほうがよかったですけど、ひいちゃったし、決まったらもう関係ないので。

阿諏訪 プラスに考えるようにしてます。あと、これは正直に、ネタの雰囲気がまったく違う組が続いたりの直後になるよりはいいのかなって。

―― 1番手になったことを受けて、何か対策をしたりとかは?

金子 対策とまではいかないですけど、ちょっとは。

阿諏訪 僕は去年の「はじまったー!」っていう感じをシミュレーションしてます。去年、1番手だったさらば(青春の光)が1本目をやる前の空気感とか。

―― 思い出して?

阿諏訪 去年のDVDのドキュメンタリーに入ってるんです。あれをめっちゃ見てます。「こういう空気感なんだー」とか。



―― 金子さんはいつも通りですか?

金子 ですね。去年と今年は違いますし、あんまり考えてないです。くじを引いたのは僕だし、あまりこの話題をすると僕が……。

阿諏訪 いや別に大丈夫だよ(笑)。僕ら、こういうくじを引くのはぜんぶ金子に任せてるんです。それで今までいい番号を引いてきてるので。

―― 金子さんが“持ってる”んでしょうね。ということは、今回の1番も「今回は1番がいい」ってことなのでは。

阿諏訪 そうですね。そう思います。

―― 本番が近づいてきましたが、ここまで楽しめてますか?

金子 ネタの調整もあるので100%楽しめてはいないですけど、いい感じではありますね。去年と違って他のお仕事もあって、キングオブコントばかりになるとちょっと変な感じになっちゃうんですが、それがないのでいいバランスで。一番大きい、大事な大会ですけど、いい意味で“お笑い全般のひとつ”として。

―― 余裕があるというか。

阿諏訪 余裕とまではいかないけど、切羽詰ってないというか。去年はそうなっちゃってたので。

―― では、当日は楽しめそうですね。

阿諏訪 そうですね。始まっちゃったら何でも楽しいですから!


▲「うしろシティにとってキングオブコントとは?」


●うしろシティ
左から金子学、阿諏訪泰義。それぞれ別のコンビで活動していた2人が、2009年にコンビ結成。「キングオブコント2012」ファイナリスト、2012年「NHK新人演芸大賞」大賞受賞。『PON!』(日本テレビ系)、『GO!オスカル!X21』(テレビ朝日系)などに出演中。

一番下の写真で持っている「キングオブコントとは?」をしたためた色紙(サイン入り)を1名にプレゼントします。
応募はこちらの応募ページから。
※締切は2013年10月10日23:59です。

『キングオブコント2013』は、9月23日(月祝)19:00~22:48 TBS系列にてOA!
※19:00~は事前番組。一部地域は20:00~放送

<構成・文/松田優子>




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。