© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年09月12日17:25

【第9回】川島海荷(9nine) ドラマ「ぴんとこな」スペシャル連載! ~あやめの「ぴんとこな」ないしょ話❤~


今年、歌舞伎座が新しくなったことでも話題の「歌舞伎」をテーマにしたドラマ「ぴんとこな」。原作は、累計100万部を超える嶋木あこの少女コミックで、「花より男子」「美男ですね」とイケメン・ドラマシリーズのスタッフ陣がドラマ化するという、胸キュン必死の注目作!

Kis-My-Ft2の玉森裕太が演じる歌舞伎界の御曹司・河村恭之助、中山優馬が演じる歌舞伎とは無縁の家に生まれたものの、ヒロイン・あやめの影響を受けて歌舞伎役者を目指す澤山一弥、そして川島海荷(9nine)演じる歌舞伎好きの女子高生・千葉あやめによる、切ない三角関係が繰り広げられていきます。

ヒロイン・あやめ役の川島海荷ちゃんが、ドラマの見どころをはじめ、撮影秘話や共演者の皆さんとのエピソードなどを、近況も交えながら、毎週、お届けしていきます! ドラマ撮影中の貴重なオフショットもお楽しみに★



【世界でたった1枚! 直筆サイン入りチェキをプレゼント】

世界でたった1枚! 直筆サイン入りチェキをプレゼント。今週の応募締め切りは、9/18(水)23:59まで。プレゼントの応募時に、質問募集も受け付けています。応募はこちらから♪

【オンエア情報】


木曜ドラマ9「ぴんとこな」
TBS系 毎週木曜日 21:00~21:54
★ドラマの詳細情報は公式サイトをチェック♪ http://www.tbs.co.jp/pintokona/">http://www.tbs.co.jp/pintokona/

★最新のあらすじは、こちら♪ http://www.tbs.co.jp/pintokona/story/


★原作コミック「ぴんとこな」(小学館刊)も発売中。購入はこちら♪


【川島海荷プロフィール】

1994年3月3日生まれ。2006年にデビュー後、数々のドラマ・映画・CMに出演。11月24日より、宮藤官九郎が脚本・演出の舞台「高校中パニック!小激突!!」に出演決定。ガールズユニット9nineとしても活躍中。最新情報は公式サイトをチェック! http://www.9nine-fan.net/

【編集部公式ツイッターのお知らせ】

編集部公式ツイッター@tokyo1week では、最新記事の更新情報や取材の裏話などもつぶやいています。皆さんもぜひ、インタビューの感想など気軽にツイートしてくださいね! ランダムですが、時々、リプもしています^^


第9回:家族愛もキーになります



今回のドラマは、自分でも何回も見ているんです! 放送の前日にその週の放送分をいただくので、それを1回見て、放送日には撮影がない時はオンタイムで…という感じで、2回見ています。1回目は、自分の表情はどうかな…?とか主観的に見ちゃうんですけど、2回目は物語を楽しみつつ、普通に楽しんで見ていますね(笑)。



9話は家族愛がキーになってきます。あやめのお父さんも登場しますが、複雑な親子関係を、あやめが苦しみながらどういう決断をするのか…は見どころです。恭之助とお父様・世左衛門さんの関係にも注目ですね。あやめにとっても、世左衛門さんは親の温かみ…みたいなものを感じさせられる存在になっていくと思います。



周りの人があやめのことを支えてくれる、その関係性が素敵! あやめはすごく頑張り屋さんなので、そんなに頑張らなくていいよ・・・と思うくらい抱えているものが大きかったからこそ、支えてくれる人が傍にいるということは素敵だなって思うようになりました。あやめの本音が出ちゃうシーンも後半は多くなって、辛い気持ちを吐き出すところは、演じていて本当に切なくなりました。このドラマを通して、人間関係の素敵さを、改めて感じましたね。



理想の家族は?と聞かれれば、何でも言いあえる関係が理想かな。思いやりがちゃんとある関係がいいな…と思います。自分自身の理想の家族像については、まだ学生なので、あまり考えたことがないんですけどね(笑)。



家族愛も出てきますが、恋の展開ももちろんあります。あやめは鈍感なところがあるから、5話のあたりとか、恭之助のことを無意識に傷つけていることもあるんですよね。内心、ごめんなさい!って思いながら、演じていました(笑)。



前半戦では、恭之助と一弥くん、どちらかなかなか選べないと言っていたんですけど、後半になって、いろいろ考えたんです。私としては、最終的に幸せにしてくれるのは恭之助なのかな…?と思い始めています。ヒロくんとの10年愛も諦められないという気持ちもあるんですけど、でも、今と向き合うべきなのかな…と思うから。



私が男性なら、どちらを演じてみたいかというと、一弥ですね! どちらかといえば、私自身は恭之助っぽいと思うんです。結構、活発な性格で、単純なので(笑)。それは、あやめとも似ているところだと思うんですけど。だから一弥のような、影のある役をやってみたいんです!




(撮影/中山かつみ 取材・文/編集部)


★次回は9/19(木)更新予定です


※記事や写真の無断転載・流用等は著作権法上、禁止されています。


※個人的に画像をダウンロード・保存等することも禁止されています。






web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。