© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2015年06月05日00:00

『ハイネケン誘拐の代償』オリジナルグッズを5名にプレゼント!

当サイトは、2015年6月1日より「講談社ENT!」と統合致しました。
応募にあたっては、「講談社ENT!」会員登録(無料)が必要となります。


ハイネケン誘拐の代償

『ハイネケン誘拐の代償』
2015年6月13日(土)、新宿バルト9ほか全国公開

POINT≫実際に起きた大ビール企業「ハイネケン」の経営者誘拐事件を映画化。奪われた身代金の大半の行方が解明されていないなど、多くの謎を残している事件の真相を追ったエミー賞受賞の犯罪ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を基に、誘拐した者・誘拐された者の両者の視点で描き、知られざる真実へと迫っていくサスペンス・ミステリー。

STORY≫1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の会長、フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。世界でも指折りの大富豪であるハイケネンの誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった。
大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。すべては上手くいっていたはずの誘拐。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は段々と翻弄され、歯車が狂いだしてゆく……。駆け引き、誤算、落とし穴。誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは――?!

プレゼント詳細
『ハイネケン誘拐の代償』誘拐ダメ。ゼッタイ。ビール王ハイネケン 缶バッチ
ハイネケン誘拐の代償 プレゼント

当選者数:5名
応募締切:2015年6月30日23:59
応募はコチラ≫
★当サイトは、2015年6月1日より「講談社ENT!」と統合致しました。応募にあたっては、「講談社ENT!」会員登録(無料)が必要となります。

ハイネケン誘拐の代償
2015年6月13日(土)、新宿バルト9ほか全国公開
原題:Kidnapping Mr. Heineken
監督:ダニエル・アルフレッドソン
出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン ほか
上映時間:95分
配給:アスミック・エース(14年/ベルギー・イギリス・オランダ)
http://kidnapping.asmik-ace.co.jp/
© Sofie Silberman 2014 © Ben Rothstein 2014

★☆★その他の記事はコチラ★☆★

■講談社ENT!
http://ent.kodansha.co.jp/

■NEW OPEN、流行りモノ、新商品など♪
街ネタ&NEWSはコチラ!≫

■試写会&劇チケ、非売品オリジナルグッズなど♪
CINEMAはコチラ!≫

■火曜日更新♪
プレゼント&インフォメーションはコチラ!≫




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。