© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
books
2014年08月18日10:00

【8/28発売!】『用具係 入来祐作~僕には野球しかない~』戦力外通告を受けた男の第二の野球人生。

9784062190558

『用具係 入来祐作 ~僕には野球しかない~』
定価:本体1400円(税別)
ISBN978-4-06-219055-8

忘れてはいけない〝裏方〟の存在

多くのファンに囲まれ、グラウンドで輝くプロ野球選手たち。その裏側で普段はファンたちが、その姿を見かけることはほとんどない〝裏方〟である用具係。選手たちにとって、そしてチームにとってもなくてはならない彼らの存在は、言葉から想像できる仕事だけでなく、多岐にわたる業務に従事し、華やかな表舞台を陰で支えている。

入来祐作、
42歳。1996年のドラフト1位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団。闘志あふれる投球スタイルで東京ドームを沸かせた男は今、横浜DeNAベイスターズの一軍用具担当を務めている。巨人では、先発、中継ぎと活躍し、2001年にはオールスターゲームに出場。その後移籍した北海道日本ハムファイターズから渡米し、メッツ、ブルージェイズとメジャー球団を渡り、2008年入団テストを受け横浜(現横浜DeNA)ベイスターズへ。しかし、同年に戦力外通告を受け引退。裏方として、第二の野球人生が始まった。

輝かしいプロ野球選手としての生活から、裏方への転身。日々、慣れない仕事に苦しみ、悩み、何度も心が折れそうになるが、〝僕には野球しかない〟と、野球にしがみつく不器用な生き方しかできない彼だからこそたどり着いた、自分らしい生き方。裏方に徹し、黙々と仕事に取り組む現在の彼の姿は、人々に感動を与え、忘れてはいけない裏方の存在を教えてくれる。本書は、缶コーヒーの
CMにも抜擢され話題となった、〝用具係・入来祐作〟が、野球選手として戦い続けた日々と、苦悶しながらもようやく見つけた裏方の喜びについて語る。


【著者プロフィール】
入来祐作(いりき・ゆうさく)

1972813日、宮崎県都城市生まれ。PL学園高等学校、亜細亜大学、本田技研工業を経て、1996年ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。2003年オフに交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。その2年後に渡米し念願のメジャーへ挑戦。20061月にメッツとメジャー契約、2007年にブルージェイズとマイナー契約をしたがメジャーでの登板はなし。2008年に日本球界に復帰。横浜(現横浜DeNA)ベイスターズでプレーを果たすも、同オフに戦力外通告を受け現役引退。2009年から横浜ベイスターズで打撃投手となり、現在、横浜DeNAベイスターズの一軍用具担当を務める。

プロ野球通算成績:35353セーブ、防御率3.77。

 
 
-------------------------------------------------------------------------------------
 Amazonでの購入はこちらから

 



web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。