© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
books
2014年04月19日00:00

麻美ゆま 初の自叙伝『Re Start ~どんな時も自分を信じて~』が5月8日、ついに発売!!!!!

YUMA00
2013年2月、体調不良で休業。
その後、「卵巣境界悪性腫瘍」を患い、卵巣・子宮全摘出、
抗がん剤治療を受けていることを発表した。
AV女優・麻美ゆま
デビューと同時に大ブレイクし、数々の賞を受賞。
ドラマや映画にも出演し、深夜番組「おねがい!マスカット」内で結成された
ユニット『恵比寿マスカッツ』の中心メンバーに選ばれるなど、
活動の幅を広げていった……。
そんな絶頂期に突然襲った病。
「もう赤ちゃんを産むことはできない……」
絶望と闘病の苦しさを乗り越え、第二の人生をスタートさせた彼女。
さまざまな苦悩を味わったからこそ、多くの人に伝えられることがあるはずだと、
自分の人生、そして辛かった闘病生活を振り返る。
AV女優としての葛藤
家族の死
恋愛
26歳での卵巣・子宮全摘出
半年間におよぶ抗がん剤治療 etc.
今まで語られることのなかった、麻美ゆまのすべてを
貴重な写真(約200点)とともに綴る。 
初の自叙伝が完成。

麻美 ゆま
講談社
2014-05-08
 1500円(税別)




<麻美ゆま PROFILE>
1987年、日本初のフィリピンパブをオープンさせた両親の元に生まれる。2005年にAV女優としてデビュー。メーカー2社による異例の同時デビューを飾った。その明るさで〝元気印のゆまちん〟と慕われ、大ブレイク。いくつもの賞を受賞した。さらに、テレビドラマや映画など、さまざまな分野で活躍をみせる。2008年にスタートした、テレビ東京系の深夜番組「おねがい!マスカット」内で結成されたユニット『恵比寿マスカッツ』では、中心メンバーとして抜擢。2010年には、2代目マスカッツリーダーに選ばれた。 2013年2月、タレントとしての絶頂期に、「卵巣境界悪性腫瘍」が見つかり、卵巣・子宮を全摘出。その後、半年間に及ぶ抗がん剤治療を行った。現在は、講演活動に参加しながら、タレント活動を続けている。





web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。