© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年12月31日12:00

【柳下後編】D☆DATEデビュー3周年記念! スペシャル大特集

柳下2★_MG_5272_R



12/1にデビュー3周年を迎え、いよいよ4年目に突入したDDATE! 今回はデビュー3周年記念のスペシャル特集をお送りします! スペシャルということで、DDATEとしてのインタビューと、それぞれの俳優活動についてのソロインタビューの豪華2本立て!


DDATEのインタビューでは、先月、無事にファイナルを終えたDDATEツアーの秘話や、4人で新たな道を歩み始める今の率直な心境を、たっぷり語ってもらいました。


さらに、前回のシングルインタビューで大好評だったDDATE検定の第2弾も敢行! 今回は、それぞれの対談やソロインタビューから問題を出題します。メンバーなら、たとえその場にいなくても、メンバーが答えそうなこと分かるでしょう!?…というわけで挑戦してもらった第2弾の結末はいかに!? 恒例のDDATEスペシャル写真館も、あわせてお届けします!

ソロインタビューでは、2013年の振り返りや2014年に控えているお仕事の話について、それぞれに直撃♪ 俳優としての想いも語り尽くしてくれました。


スペシャルにふさわしく、プレゼント企画も盛りだくさん★ 恒例のメンバー同士で撮影したチェキをはじめ、もうすぐ新年なので、メンバーに直筆年賀状を作成してもらいました! 
順次、更新していきますので、見逃さずにチェックしてくださいね!

DDATEスペシャル写真館はこちら♪


【世界で1枚! メンバー同士で撮影したサイン入りチェキプレゼント】
世界でたった1枚。メンバー同士で撮影したサイン入りチェキをプレゼントします。(複数枚ある場合は、絵柄は編集部にお任せください)。今回の応募締め切りは、2014年1/15(水)2359まで。応募はこちらから♪

【メンバー直筆年賀状 プレゼント】
メンバーの直筆年賀状をサイン入りでプレゼント。応募時に、希望メンバーを選択できます。(年賀状は上から荒木くん、瀬戸くん、新太くん、柳下くんです)。応募締め切りは2014115(水)2359まで。応募はこちらから♪

【直筆サイン色紙プレゼント】
4人のサイン入り色紙を1名にプレゼント。応募締め切りは2014115(水)2359まで。応募はこちらから♪



★D☆DATEの最新情報は公式サイトをチェック♪ http://www.d-date.jp/


【編集部公式ツイッターのお知らせ】
編集部公式ツイッター@tokyo1week では、最新記事の更新情報や取材の裏話などもつぶやいています。皆さんもぜひ、インタビューの感想など気軽にツイートしてくださいね! ランダムですが、時々、リプもしています^^




柳下大ソロインタビュー: 後編                                              

インタビュー後編_MG_4772_R


― 2014年は舞台もすでに2作品決まっているけど。それこそ「熱海殺人事件」は、役者を続けるか迷っていた時に出会ったという、柳下くんにとって、本当に大切な作品でしょう? 

 

そうですね!

 

― 再演されてきているけど、自分ももう一度出演したいと思っていたの?

 

実は一昨年も去年も、声はかけていただいていたんですよ。

 

― そうだったんだ!

 

そう。でも、他のお仕事との兼ね合いで、スケジュール的にどうしてもタイミングが合わなくて出演できなかったんです。去年も、「来年も上演すると思うから、一緒にやれたらいいね」という話を制作の方がしてくださって、次は…という思いで。去年、舞台を観に行ったときに馬場(徹)くんや(DBOYSの)牧田が出ていて、自分もこの輪の中に入りたかったな…という気持ちがあったから、すごく嬉しい。

 

― 同じ作品とはいえ、もう一度出演するにあたっての心境は、やっぱり違う?

 

前回とは全く違う! 前は(山崎)銀之丞さんや武田(義晴)さん、長谷川(京子)さんに引っ張っていただいて、自分はただついて行くだけだったんですけど、今回はそういうワケにもいかないし。演出の岡村さんが、つかこうへいさんの遺伝子を、「熱海殺人事件」という作品を、ちゃんと次の世代に伝えようとしているので。同世代のキャストたちと一緒にしっかりと引き継いで、次の世代の「熱海殺人事件」を作りたいなという気持ちがありますね!

 

― なるほど。前回とは、全然違う景色が、また見られそうだね。

 

うん。全然、違うと思うし、違わなければいけないな…と思います! 

 

― そして、もう1作品は初のミュージカル「アダムスファミリー」があるけど、ミュージカルは挑戦してみたいと思っていた?

 

見るのは好きですよ! でも、自分が出るとなると話は違う(笑)。

 

― あはは! ミュージカルはお芝居だけじゃなくて、歌もダンスも詰まっているしね。でも、柳下くん、踊りも踊れるし、ミュージカルに合うと思うけど。

 

まだ分からないけど、「アダムスファミリー」の作品のイメージから想像すると、ダンスよりも歌と芝居が多いのかなって思うし。歌は、自信がないんですよ。

 

― そうなの!? でも、たしかに、ミュージカルは歌唱方法が全然、違うっていうよね。

 

そう。やっぱり、ミュージカル俳優さんの歌い方は違うんですよね。相手役の昆夏美さんはミュージカル作品にたくさん出演されている方だから、足を引っ張るんじゃないか…と思ったり。今回、ミュージカルの世界でベテランのキャストばかりの中に、入るから…。

 

― たしかに、そうそうたるキャストの皆さんだよね。

 

だから、怖いっす!

 

― もしかして、このお話をいただいたのは意外だった…?

 

うん。なんで…って(笑)。

 

― 今の段階では、どうなるか、あまり想像はつかないかな。

 

全然、想像つかない! ミュージカルは、挑戦してみたいことではあったけど、今は不安材料のほうが多い。でも、お客さんの前に立つときには最低限のラインはちゃんと超えて、自分なりのミュージカルの形を見つけられたらいいな…と思っています。

 

― 楽しみにしています! 舞台に立つということに関しては場数を踏んできているから、緊張はしなさそうじゃない?

うん。緊張はしないと思いますけどね。

 

― 舞台に立つときの、自分なりのジンクスとかあったりする?

 

ない!(笑)。 もったほうがいいかな?と思うけど、何かするとか、これを絶対に持つ…みたいなことはないんですよね。

 

― そうなんだ。2014年は、俳優としてどんな年にしたいと思ってる?

 

進化の進じゃなくて、真実の真で「真化」の年にしたい。真実を探しに行くというか…見つける年になる…と思ってますね。2014年で、この先、どれだけ俳優としてやっていけるのか少し見えてくる気がするので。

 

― 確かに、年齢的にも25歳という区切りの年から、26歳を迎えるしね。

 

うん。出演する作品も大きいですし、舞台を見に来てくれる方は僕を初めて見る人も多いと思うから、そういう方たちにも何もなく普通の印象で終わるのではなく、何か残したいし。そういう意味では、チャンスの年でもあると思っていますね! 息の長い役者を目指して頑張ります!

 

― 2014年も忙しくなりそうだけど。ちなみに、忙しい時のリフレッシュ方法はあったりする?

 

美味いモノを食べる!(笑)。あとは、最近、メイクさんに身体がこっていると言われるから、時間があればマッサージに行きたいと思ってます。

 

― マッサージといえば、新太くんが大好きなんだよね!

 

(※近くにいた新太くんが笑顔でうなずいて「おすすめがありますよ!」)

 

俺なんて、この前、初めてマッサージに行ったんだからさ!

 

(※新太くん「えー!? マジっすか!?」)

 

新太、全然、身体こってないじゃん!(笑)。若いし疲れてないのに、マッサージ、行きすぎだよ~(笑)。





(取材・文/編集部 撮影/待鳥暁子)

 

※記事や写真の無断転載・流用等は著作権法上、禁止されています。

 ※個人的に画像をダウンロード・保存等することも禁止されています。

 

 

 



おまけ_MG_4794_R





web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。