© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年12月30日13:00

【堀井後編】D☆DATEデビュー3周年記念! スペシャル大特集

荒木2★_MG_5279_R





12/1にデビュー3周年を迎え、いよいよ4年目に突入したDDATE! 今回はデビュー3周年記念のスペシャル特集をお送りします! スペシャルということで、DDATEとしてのインタビューと、それぞれの俳優活動についてのソロインタビューの豪華2本立て!


DDATEのインタビューでは、先月、無事にファイナルを終えたDDATEツアーの秘話や、4人で新たな道を歩み始める今の率直な心境を、たっぷり語ってもらいました。


さらに、前回のシングルインタビューで大好評だったDDATE検定の第2弾も敢行! 今回は、それぞれの対談やソロインタビューから問題を出題します。メンバーなら、たとえその場にいなくても、メンバーが答えそうなこと分かるでしょう!?…というわけで挑戦してもらった第2弾の結末はいかに!? 恒例のDDATEスペシャル写真館も、あわせてお届けします!

ソロインタビューでは、2013年の振り返りや2014年に控えているお仕事の話について、それぞれに直撃♪ 俳優としての想いも語り尽くしてくれました。


スペシャルにふさわしく、プレゼント企画も盛りだくさん★ 恒例のメンバー同士で撮影したチェキをはじめ、もうすぐ新年なので、メンバーに直筆年賀状を作成してもらいました! 
順次、更新していきますので、見逃さずにチェックしてくださいね!

DDATEスペシャル写真館はこちら♪


【世界で1枚! メンバー同士で撮影したサイン入りチェキプレゼント】
世界でたった1枚。メンバー同士で撮影したサイン入りチェキをプレゼントします。(複数枚ある場合は、絵柄は編集部にお任せください)。今回の応募締め切りは、2014年1/15(水)2359まで。応募はこちらから♪

【メンバー直筆年賀状 プレゼント】
メンバーの直筆年賀状をサイン入りでプレゼント。応募時に、希望メンバーを選択できます。(年賀状は上から荒木くん、瀬戸くん、新太くん、柳下くんです)。応募締め切りは2014115(水)2359まで。応募はこちらから♪

【直筆サイン色紙プレゼント】
4人のサイン入り色紙を1名にプレゼント。応募締め切りは2014115(水)2359まで。応募はこちらから♪



★D☆DATEの最新情報は公式サイトをチェック♪ http://www.d-date.jp/


【編集部公式ツイッターのお知らせ】
編集部公式ツイッター@tokyo1week では、最新記事の更新情報や取材の裏話などもつぶやいています。皆さんもぜひ、インタビューの感想など気軽にツイートしてくださいね! ランダムですが、時々、リプもしています^^




堀井新太ソロインタビュー: 後編                                              

インタビュー後編_MG_5039_R


― 2013年は振り返ってみると、どんな年だった?



舞台もドラマもバラエティーもあったし、音楽活動も含めて充実していましたね。ドラマ「小暮写真館」に出演したり、舞台「『源平盛衰記』異聞巴御前 女 武者伝説」では義経を演じたし、これから放送される作品も何本か撮ったりして。ディズニーチャンネルの出演も決まったし、「うまいッ!」のロケでも、いろいろな場所に行ったし。



― そうだよね。そういえば、今年のツアーを見ていて、新太くんが大きく見えたの。変な話、身長が伸びたのかと思ったんだけど(笑)。



あはは!



― でも、そんなこともないなって(笑)。いろいろな経験を積み重ねてきて、今までよりも堂々とステージに立てていたから、大きく見えたのかなって思った。



あぁ、なるほど! 自分では分からなかった(笑)。



― あと、2013年を振り返って印象的なことを挙げるなら、個人的には、やっぱり「巴御前」かな。明治座は、劇場の外に主要キャストののぼりが立つんだよね。あれも、本当に感動した!



あれは、感動しますよね! 嬉しかったな~。



― 明治座の舞台に立ったのは、大きな経験になったんじゃない?



初の時代劇で、明治座という大きな舞台に立てたことは、本当に自分の財産になったと思う! 時代モノをもっと演じてみたくなりましたね。「巴御前」では、いろいろ課題も見つけられたし。



― 自分の中では、何が一番、課題だな…と思った?



所作もそうだし、まだまだ動けない。的場さんに「刀を持って歩くには10年かかる」って言われたけど、本当にその通りだな…と。それができるようになれば、もっと義経に近づけると思うんですよね。

― 長い公演だったけど、ハプニングはあったりしたの?



刀が折れちゃったり…とか。あれは大変だった! 



― そんなことがあったんだ!?



そう。でも、周りの方がベテランの方ばかりだから、そういうハプニングがあっても、客席には分からないようにフォローしてくださったんですよ。



― そうだったんだ。でも、本当に堂々としていて心に残る演技だった。



お客さんの前に立つときには、自信を持って演じるようにしていました!



― さて、ディズニーチャンネル「ゴクトク10」では、MCにも挑戦しているんだよね。番組もスタートして半年くらい経つけど、どう?



めっちゃ面白いです! 俺がMCって…ちゃんと、できてます!?(笑)。



― 楽しさが伝わってくるし、ぴったりだと思う! 新太くんらしいほっこりした感じが出ているから、ゲストも緊張しないと思うし(笑)。



あはは! 大沢あかねさんとのコンビもいいな…って、自分では思ってるんですけど(笑)。



― そうだと思う!



見ていただいている方に、楽しさが伝わるといいな…と思いながらやってるんですよ。台本もちゃんと、覚えてますよ!



― 新太くん、ドラマとか舞台でも、いつも台本覚えは苦労してなさそうだよね。



うん。それは大丈夫。



― MCもやっていることだし、ディズニーリゾートについても詳しくなったはずだから、新太くんにディズニーのデートプランを考えてもらったら、完璧なんじゃない!?(笑)。



詳しいですよ!



― じゃあ、新太くんが考えるお勧めのデートプランは?(笑)。



ディズニーランド? それとも、ディズニーシー?



― どちらでもいいよ。合わせて・・・でもいいし。



午前中は東京ディズニーランドに行って、乗り物系のアトラクションをまわる! アトラクション以外にも、ペニーアーケードにいろいろなゲーム機があるんですよ。ゲームも楽しめるし、そこには占いコーナーもあるから、カップルなら恋愛のことを占ったりしてもいいと思う! 



― そうなんだ。それは、穴場かも!



お昼は、どうしようかな~? クリスタルパレス・レストランがいいかな。お昼を食べたらパレードを見て、そのあとはディズニーシーに移動! シーでは、「タートルトーク」に行きたいな。



― 「タートルトーク」では、ウミガメのクラッシュとお話しできるんだよね。



おもしろいですよね! そのあとは、「タワー・オブ・テラー」で絶叫系のアトラクションに乗るでしょう。それから、ダッフィーに会える「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」で、記念写真を撮って。夜になったらS.S.コロンビア号に乗って、パレードも見て、最後はヴェネチアン・ゴンドラで橋の下で願いごとをかける! アラビアン・コーストに行くと、自分たちの名前を彫れる写真立てもあるから、お土産はそれもいいんじゃないかな。



― 新太くん、さすが! アトラクション系のポイントも押さえつつ、すごくロマンチックなコースだね。



えへへ(笑)。



― そういえば、この前、瀬戸くんがゲストで行ったんでしょう?



そうなんですよ。すごく楽しかった。今までで一番、面白いかも(笑)。テーマが「仲がいい友達とワイワイ楽しむ」だったんですよ。瀬戸さんも、めっちゃ、楽しんでた(笑)。


― 新太くんもミッキーの耳をつけてるけど、瀬戸くんもミッキーの耳とかつけたりしたの?



俺も毎回つけてるけど、瀬戸さんもつけた!



― 瀬戸くん、絶対、ミッキーに似てると思うんだけど(笑)。



最初ね、瀬戸さんはドナルドが好きだから、ドナルドのを付けたら、(飾りの位置の問題で)なんか殿様みたいになっちゃって! ミッキーにチェンジしたんです(笑)。



― あはは! さて、ソロインタビューでは、ドラマ「10年目の告白」のタイトルにちなんで、今まであまり人に言ったことがない秘密を1つ告白してもらおうかな…と思って。



なんだろうな…? 結構、ロマンチスト♪ ふふっ(笑)。



― あはは! 告白した(笑)。でも、確かに、今のデートプランとかをみるとそうだね!



王道だけどね(笑)。俺、デートとか行き当たりばったりはイヤなんですよ。ちゃんと計画を立ててから、出かけたいんです♪







おまけインタビュー後編_MG_5088_R

(取材・文/編集部 撮影/待鳥暁子)

 



※記事や写真の無断転載・流用等は著作権法上、禁止されています。

 ※個人的に画像をダウンロード・保存等することも禁止されています。

















 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。