© 2000-2014 Kodansha Ltd.,Publishers
エンタメ
2013年07月01日15:29

大人気ニコ生放送『ブギウギ★Night』の現場に初潜入! Kimeru・加藤和樹・八神蓮が巻き起こす“放送事故”を見逃すな

_DSC0067

 Kimeru、加藤和樹、八神蓮が、日常の気になるあれこれをテーマにユル~くトークしているニコニコ生放送『ブギウギ★Night』。三人の素顔丸出しのトークにハマる視聴者が後を絶たず、ついに放送50回を越える長寿番組に! 今回は、その公開生放送の現場に潜入!! 当日の収録の様子から合間に起きていたコトまで、撮り下ろし写真を交えてたっぷりレポート。また放送終了後には、三人にインタビュー。その内容もあわせてお届けします♪

 

P1100960

『ブギウギ★Night

月一回・第二月曜日の22:00~放送

出演/加藤和樹 Kimeru 八神蓮

内容/ミュージカル『テニスの王子様 1stシーズン』 のキャストだった三人の俳優がレギュラー出演。 3人が共同生活をしている“ニコニコパレス原宿”で、遊びにきた友人(ゲスト)とトークするという設定。視聴者は“ブギ猫”と呼ばれ、放送中にはブギ猫さんたちによるコメントの数々が、画面に流れますよ。彼らの目に留まれば、そのコメントに絡んでもらえることも! また、番組内ではブギ猫さんたちと電話でお話ししたり、出演陣がエチュード(即興芝居)をしたりと、さまざまなコーナーが用意され、彼らのリアクションを、ライブで楽しめちゃう☆

 

 


ブギウギ★スペシャルデーに初潜入&初ルポ  

P1100749
今回、現場にお邪魔したのは、610日に放送した#51。実は当日は、加藤さんが舞台の本番真っ最中。夜公演終了後、急いでニコ生スタジオに駆けつけるということでしたが、かなりギリギリのタイミングで、ブギ猫さんたちからは「間に合うの??」と心配のコメントが上がっていました。が「鏡も見ずに駆けつけた」という頑張りのかいあって、開始時間前に加藤さん到着! 無事、三人揃っての放送が始まりました。ゲストは、俳優の鯨井康介さん。Kimeruさんからの「今日は何しにきたの?」という質問に「俺にはやりたいことがある!」とカッコよく宣言……告知をしに来たのにもかかわらずみんなにちょっかいを出され、ゲストに優しくない番組と言われるだけあってなかなか出演舞台の告知をさせてもらえません(笑)

 

普段、三人の背景にはさまざまな写真が貼られてにぎやかなのですが、今回はなぜか真っ黒のカーテン。そのワケは……!? カーテンを開くと、そこに現れたのはたくさんのKimeruさんの写真!! そう、Kimeruさんの誕生日が近いということで、サプライズバースデーパーティーが行われたのです。思いもよらなかった展開に、とにかくびっくりしているKimeruさん。まずは四人、Kimeruさんの写真入りシャンパンで乾杯!! 加藤さんからは帽子とサンダル、八神さんからは保冷剤まくら、鯨井さんからは文房具の詰め合わせ、そしてスタッフからはムチ(笑)と、プレゼントが手渡されました。

ブギウギPH03
番組の見どころのひとつが、夏には浴衣、ハロウィンには仮装など、季節のイベントを取り入れた衣装が楽しめるところ。今回の放送は、四人が身も心も(!?)女子になりきってキモチを語り合う「とても☆いきなり☆女子トーク」のコーナーです。CMに入るなり、大急ぎで準備する四人。Kimeruさんと加藤さんは公開生放送ではお約束のネコ耳、八神さんはサイドロングの金髪ウィッグをかぶってスタンバイ。CM明けで四人の姿が映しだされると、大ウケしたブギ猫さんたちからたくさんの反応がありました! そのままのスタイルで、結婚にまつわるリアルなガールズトークに突入。ニコ電では、ブギ猫さんたちの“理想のプロポーズの言葉”を聞き出します。「おすすめのプロポーズありますか?」とブギ猫さんから指名された八神さんは、「いいプロポーズの言葉を思いついた!」と自信満々で一人、プロポーズのエチュードに臨みますが……。

ブギウギPH04

あまりにトンチンカンなプロポーズの言葉に、Kimeruさん、加藤さん、鯨井さんは大爆笑!! ブギ猫さんたちからの「??????」の嵐が、画面を飛び交います。八神さんの天然ボケが炸裂するこうした“事故”も、今や番組の名物です。

 

このあとも、プロポーズの言葉についてのニコ電が続きます。その途中で、八神さんが「ちょっとね」とごそごそフレームアウト。何をしていたかというと……。

ブギウギPH05

なんと、ウエディングドレスにお着替えしてました!! パニエを付け、ドレスを着て、ベールと花を付けて、カンペキな花嫁姿。「かわいいでしょ?」とノリノリの八神さん。

 

そしてこの姿で、Kimeruさん、加藤さん、鯨井さんのプロポーズエチュードに乱入!

 

八神「みんな、私のこと好きって言ってたのに……」

Kimeru「誰?」

八神「蓮子よ!」

 

放送直後、花嫁コメントをゲット♪

「鏡もなかったし、現場ではわからなかったんだけど、終わってから写真を見せてもらったら、若干やりすぎたなと思いました(笑)。いつか現れるであろう花嫁には、見られたくないな(^^)笑」

 

だそうです(笑)

 

その後は視聴者へのプレゼント抽選会、そして各自の告知タイムへ。ちなみに八神さんはそのまま、番組ラストまでウエディングドレス姿でした。

 

初潜入記念! 3人のインタビューに成功!!!!!!!!!!!!

_DSC0069

   

――この番組の“ブギウギ”なポイントを教えてください。

Kimeru:僕たち三人が、限りなくオフに近い自分を出せる唯一の番組なんですよ。かなりオフに近いことを話しているので、他の番組ではなかなか見られない、僕たちの素に近い姿を見られるところですね。

八神:うん。話せる範囲がテレビより広いし、ブギ猫さんからのコメントが流れてきたり、テレビとはまた違う楽しみ方ができるんですよね。そこが面白いと思います。

Kimeru:ギリギリのキーワードも話したりするしね。

加藤:たまにアウトだけどね(笑)

Kimeru:まあね(笑)ゲストも含めて、暴走することはありますよね。

加藤:八神君は、この間×××って言いましたから。

 

――何かと事故の多い八神さんですが、いつスイッチが入っちゃうんでしょうか?

加藤:いや、彼は常に全力ですよ。

Kimeru:全力なほど、空回ります。

加藤:「今日は任してください」って言う日に限って、肝心なQワードセリフ忘れるし。

Kimeru:今日のプロポーズも、ヒドかったもんね。途中までよかったんだけど……。

八神:そうだよね。あれはもっと勢いで押せばよかったんだよな~。

加藤:ニコ生っていろいろな番組あるんですけど、月に一回、心から腹を抱えて笑える番組です。俺らもそうだし、見てくれている視聴者の方もそうだと思います。「こんなにくだらなくていいのか」って思うこともありますけど、だからこそ面白いとも思うし。

Kimeru:リハーサルをやらないので、ハプニングも結構起きるんですよ。

加藤:もちろん番組として成立させなきゃいけないんですけど、いわゆる決まり事があまりないので、何が起こるかわからない。

八神:そこが、僕らも楽しみなんです。

Kimeru:エチュード感あるよね。蓮ちゃん、めっちゃおとなしい日もあるし。

八神:僕、今日はわりとマトモなこと、言ってましたよね?

加藤:そうだね。大事故はないね。

Kimeru:うん。マトモなほうだった。

 

――加藤さんが仕切り役、Kimeruさんがフォロー役、そして八神さんが暴走役?

加藤:八神くんはこんな感じなので、放っておくときは放っておくし、面白かったら拾うし。そこらへんはホント、彼次第です。

Kimeru:僕らはどうとでもなるんで、どうにもならない八神君やゲスト次第ですね。ゲストが爆弾な場合もあるので。

 

――じゃあ、この番組って実は八神さんが動かしている?

Kimeru、加藤:そうです!

八神:やめてくださいよ~。

加藤:この番組は、八神蓮が中心ですよ。

Kimeru:いやホント、蓮ちゃんがいなかったら、たぶん終わってたと思う。

加藤:たまに彼が不在の回もあるんですけど、そうすると普通に進みすぎちゃって心配になります。

 

――この番組を、どんなふうに楽しんでほしいですか?

八神:今回で51回目なんですよね~。

加藤:長いよね。ずっと同じメンツでやっているけれど、「今日もこんなに笑う?」っていうぐらい、毎回いろんなコトが起きる番組なんですよ。だからあまり構えずに、動物園に行くみたいな感覚で、興味本位で観に来て下さい!

Kimeru:僕らと、自分と、ユーザーさんとで、一緒にコタツを囲んでいるイメージで観てもらえるといいのかな。僕らもソファに座ってヌル~ッとやってるし、肩肘張らずに、ね。それでコメントをもらえたら、嬉しいです。

加藤:参加型ですからね。家族や姉妹で観てくださってる方も、いますし。

八神:そうだね。

編集もしてないしね。

加藤:いや、生放送だから、それは大前提(笑)


(取材・文/木下千寿) 




web1week
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社講談社は一切の責任を負いません。本機能を通じて行われたコメント内容などは弊社では保持しておりませんので予めご了承下さい。